【超簡単おやつ】ポリ袋で手作りアイス牛乳(コーヒーグラニテ)

自宅で超簡単に作れる「おやつ」に子供も大人も楽しめるつめた~いアイスはいかがでしょうか?

ポリ袋一つあれば簡単に作れるアイスのおやつなので、洗い物がなく子供と楽しみながら作ることが出来ちゃいますよ。

今回はコーヒーを使った簡単コーヒーグラニテと、子供用にアレンジが出来る牛乳で作るアイスの超簡単レシピを紹介しちゃいますね♪

ポリ袋deコーヒーグラニテの作り方

まさえ

コーヒーはお家にあるもので使いやすいものをご準備ください。

使用するコーヒーは、基本的になんでも良いです。

糖度の関係で工程が違いますので、気をつけて作ってみてください。

超簡単なアイスのおやつなので、家でのティータイムや、ちょっとしたおもてなしにもぜひこのレシピをご活用くださいね!

作り方(材料)2〜3杯分

  • インスタントコーヒー     大さじ1
  • 砂糖                                  50g(大さじ4)
  • 湯                                      200ml
  • 牛乳                                  適量

1:お湯を200ml用意します。

(注意)計量カップは、耐熱性のものを使用してください。

2:砂糖、コーヒーをお湯に入れて、混ぜ溶かします。

粗熱を取り、人肌程度に冷まします。

4:ポリ袋へ入れて、中の空気を抜き、なるべく袋の口に近い部分で結んで口を閉じます。

ポリ袋をバットなどに平らに置き、そのまま冷凍庫で凍らせます。

2、1時間ほどで凍ってきます。

季節にもよりますが、約3時間で完全に凍るので、冷凍庫に入れてから一時間経った時に一度、コーヒーの袋を手で揉んでおくとなお良いです。

理由として、取り出した時に氷が荒くなり、食べやすくなります。

6:凍ったコーヒーを手で揉んで荒く崩します。

手で揉んでも崩れないときは、グーの手で押してください。

この際、袋が破れにように注意してください。

袋を二重にしてもよいです。

7:完成~♪

袋を開けて、スプーンなどで氷を取り出し、グラスに適量を入れます。

お好みの分量の牛乳を注げば出来上がり!

アイスやウエハースなどをトッピングすると豪華になりますよ。

ボトルコーヒー(無糖)を使用する場合

材料(材料)2〜3杯分

  • ボトルコーヒー           200ml
  • ガムシロップ               5個
  • 牛乳                              適量

1:計量カップにポリ袋を底までしっかりはめ込み、袋の口を外へ広げておきます。

2:コーヒーを注いで分量を計量します。

コーヒーを計量してからポリ袋へ注いでもOK。

3:ポリ袋を結んで冷凍庫へ

計量カップからコーヒーの入ったポリ袋を取り出し中の空気を抜き、なるべく袋の口に近い部分で結んで口を閉じます。

シロップが混ざるように袋全体を揉んで混ぜます。

まさえ

後はインスタントコーヒー の作り方と同じです。

※ボトルコーヒーの〈低糖、微糖、甘さ控えめ〉などを使用する場合も、〈無糖〉と同じようにガムシロップを5個ほど入れて凍らせます。

甘味が少ないと、コーヒーの氷を崩しにくくなりますので、それも考慮しながら、甘さを調節してください。

【子供用】牛乳アイスの作り方

材料

  • 牛乳     200ml
  • 砂糖   50g(大さじ4)

1:牛乳を電子レンジで温めて砂糖を入れて溶かします。

砂糖が溶ければOKなので、牛乳を熱々にする必要がありません。

砂糖が混ざったらポリ袋に入れてましょう。

2:冷凍庫へ

冷凍庫に入れて1時間前後立ったら一回ポリ袋を取り出し少しもみましょう。

※凍らす時はなるべく平たくすることで早く凍らせる事ができます。

まさえ

後は上記で紹介した作り方と同じです。

そのまま食べても美味しいですし、紅茶と混ぜてた食べるのもおすすめですよ。

とにかく超簡単に作れる手作りアイスなので、子供と一緒に作ったり、多めに作って作り置きするのもおすすめです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です