楽天edyとは?今さら聞けないキャッシュレス電子マネーの解説

楽天edyとは?今さら聞けないキャッシュレス電子マネーの解説

この記事では、楽天edyについて解説します。

楽天ペイなどQRコード決済が登場し、キャッシュレス決済として電子マネーが見直しされている中、楽天edyとはどんなサービスなのでしょうか?

楽天edyが分からない人も、もう知ってるよという人もぜひ見てくださいね。

楽天edyとは

楽天edyとは、約64万店舗で使える日本最大級のプリペイド型電子マネーサービスです。

200円の利用ごとに1ポイント貯まります。

「プリペイド型」というのは、事前にお金をチャージ(入金)しておいてそれを買い物に使用するというもの。

チャージしておいた金額しか使えないので、使いすぎてしまうという心配がありません。

楽天edyはカードを購入する方法、楽天edy機能付きのクレジットカードで使用する方法、スマホアプリで使用する方法があります。

楽天Edyを利用するメリット

楽天edyを使用すればキャッシュレス決済になるので、今世間を騒がせているキャッシュレス消費者還元事業の恩恵を受けることができます。

キャッシュレス決済ではスマホを使う方法もありますが、スマホ操作が苦手な方も多いはず。

そんな方にはカードでの支払いが簡単に行える楽天edyが便利と言えるでしょう。

他にもメリットがいろいろありますので、具体的にご紹介していきますね。

店舗での決済がスムーズ

楽天edyを使った支払方法はとっても簡単。

支払いの際に「楽天edy支払いでお願いします」と伝えて、専用のカードリーダーにカードやスマホをかざすだけなんです。

かざすと「シャリリ~ン」という決済音が鳴って支払い完了!

この決済音の響きが心地よいんですよね。

この方法なら、支払い金額を確認してお財布をカバンから出して小銭を用意して…などの作業が必要もなく、支払いの際にもたつくこともありません。

冬の寒い時など、手袋をしたままでも簡単に支払うことができます。

楽天edyはプリペイド型のサービスなので、事前にチャージしておいた分しか支払いを行えませんので要注意。

チャージの方法は

  • 現金でチャージする方法
  • クレジットカードでチャージする方法
  • ポイントからチャージする方法
  • おサイフケータイでチャージする方法

などがあります。

ポイントが三重で貯まる

楽天edyをうまく使うとポイントの三重取りが可能!

三重とは「楽天edyへのチャージポイント」+「楽天edyでの支払いポイント」+「各店舗でのポイント」です。

クレジットカードを利用して楽天edyへチャージするとポイントがたまるものがあります。

その還元率は1.2~0.5%で、ここでご紹介した楽天カードだとポイント還元率は0.5%です。

まずはこれでポイントゲット!

さらに楽天edyでの支払いでは200円で1ポイントゲットできます。

これでポイント二重取りになりますね。

さらにさらに、この時Tポイントカードやpontaカードなどのカード提示でポイントがゲットでいるものと組み合わせれば、ポイントの三重どりが完成です!

また、2020年6月まではキャッシュレス決済での消費者還元事業が行われていますので、対象店舗で楽天edyでの支払いを行えばポイント三重どりに加えてもう一重、つまりポイント四重どりが可能となっていますよ。

楽天Edyのみんなの口コミ

実際に楽天edyを利用している人たちはどのように感じているのでしょうか?

楽天edyに対する口コミを集めてみました。

楽天edyの強みは使える店舗が多いことです。

Paypayや楽天ペイなどのコード・QR払いが使えなくても電子マネー払いの楽天edyなら使えるという店舗があります。

今行われているキャッシュレス消費者還元事業の恩恵をもれなく受けるためには楽天edyも押さえておくべきと言えそうです。

 

楽天ペイだけだと使えない店舗もあるので、楽天edyでしっかりとわきを固めて、楽天サービスのお得サービスをフル活用という作戦ですね。

納得です!

 

楽天edyがカードをかざすだけで支払いが完了、レジでバタつきません。

スムーズに支払えてポイントがたまる、本当に便利です。

スマホ操作に自信がない、クレジットカードだと使い過ぎが心配という年配の方にもお勧めしたいですね。

楽天edyの欠点についても鋭い指摘がありました。

 

今のところスマホを端末にかざすという方法で使用できるのはおサイフケータイのみ。

また全体的にiPhoneだと利用できるサービスが限定されがち。

ですが2019年3月にiPhone向けの楽天payアプリが登場し、改善がみられています。

今後さらなる改善に期待しましょう!

 

このような「iD(アイディー)」と「edy(エディー)」を聞き間違えられてしまうという投稿は結構ありました。

「楽天edy」と、前に楽天という言葉をつけることで問題解決です。

あとは発音練習でカバーしましょう。

 

確かに現金が使えないというお店はありませんが、これだとキャッシュレス消費者還元事業の恩恵は受けられません。

やはりキャッシュレスサービスをうまく活用したいところです。

いろいろな支払い方法を使うとどうしてもポイントが分散してしまいます。

利用可能店舗の多い楽天edyをなるべく使うようにして楽天スーパーポイントをため、楽天市場での買い物でポイントを使うなど、楽天ヘビーユーザーになることで解決できそうですね。

楽天は節約主婦の強い味方(まとめ)

楽天には様々なサービスがあり、楽天スタートボーナスチャンスやサクサクキャンペーンなど多くのポイント獲得のチャンスがあることをご紹介しました。

買物だけでなく、光熱費や通信費などの固定費自体が安くなるサービスもあり、その支払いに楽天カードを使用すればポイントもたまります。

楽天サービスは使えば使うほどポイントがたまりますし、それによって会員ランクが上がってさらにポイントがたまりやすくなるという仕組みです

使うなら徹底的に楽天サービスを活用したほうがお得です!

楽天サービスを利用すれば、同じ出費でもポイントがたまることで結果的に節約につながります。

これは節約主婦の心強い味方と言えますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です