ライフメディアで反則的にポイントを貯める方法!これだけはやるな!

ライフメディアで反則的にポイントを貯める方法!これだけはやるな!

ライフメディアとは

ライフメディアは、運営実績が20年以上で累計会員数300万人以上の老舗ポイントサイトです。

無料会員登録やアンケート、ショッピングなどサイト内にある様々なコンテンツを利用して、1P=1円のポイントを貯めます。

500P(500円)以上貯まると、現金や電子マネーなど自分の好きな物に交換できるんですよ。

交換先に家電大手のノジマスーパーポイントを選択すると、ナント50%増量します。

例えば、ライフメディア500ポイントをノジマスーパーポイントに交換すると50%(250ポイント)増量で合計750ポイントになるんです。※交換したノジマスーパーポイントは、店舗のみ使用可能です。交換手数料は無料です。

ライフメディアはこんなひとにおすすめ

ライフメディアは、特にネットショッピングの利用頻度が高い人におすすめです。

大手通販サイト以外にサプリメントやダイエット食品、美容商品の購入でもポイントが付くから、ネットショッピングの楽しみが倍増。

またライフメディアは、楽天関連サービスの利用頻度が高い人にもおすすめですよ。

ライフメディア公式サイトのヘッダーメニューには、「楽天サービス」の文字。

ショッピングモールや銀行、トラベルなどあらゆる楽天関連サービスを取り扱っています。

ポイントサイトの中でも、楽天関連の広告掲載数はダントツです。

楽天サービスを利用する時は、ライフメディア経由で申し込むとポイントが還元されてお得ですね。

 

ライフメディアの稼ぎ方(初級編)初めての人はこれから始めよう

ライフメディアで初めてポイントを貯める人は、無料会員登録からスタートしましょう。

無料会員登録でポイントを貯める

無料会員登録でポイントを貯める

ライフメディア経由でアンケートサイトや動画配信サイトなどに無料登録すると、ポイントがもらえます。

ポイント数は案件ごとに決まっていて、1件につき数十P(数十円)から数百P(数百円)です。

無料会員の申し込みを数件行えば、最低換金額の500P(500円)にすぐ到達します。

そして無料登録案件の中には、利用後の口コミ投稿で10P(10円)獲得できるものがあるので、「このサービスに申し込んで大丈夫?」と不安な時は、ユーザーの意見を知ると安心ですね。

口コミは他人の役に立つしポイントがもらえるので、積極的に投稿して下さい。

 

買い物でポイントを貯める

買い物でポイントを貯める

例えば楽天市場をライフメディア経由で利用した場合、楽天スーパーポイント1%以外に購入金額1%のライフメディアポイントが付きます。

提携している店は非常に幅広く、ポイントサイトの中でも屈指といえるでしょう。

ネットショッピングの利用頻度が高い人は、ライフメディアを利用すると換金までのサイクルが短くなります。

テンタメ(商品モニター)でポイントを貯める

ライフメディアは、商品モニターでポイントを貯めることができます。

指定された商品を購入してレシート画像を送り、アンケート回答後に承認されるとポイントを獲得。

商品はサプリメントや食品が多く、代金の50%以上がポイント還元されるので人気なんですよ。

中には代金が100%ポイント還元されて、つまり実質タダで商品を試せるチャンスもあります。

参加人数に限りがあるため、気に入った商品があれば早めに応募しましょう。

アプリをインストールして貯める

ライフメディアはパソコンとスマホの両方から利用すると、ポイントが早く貯まりお得ですよ。

スマホ利用で稼ぎやすいのは、アプリのインストールです。

アプリにはポイント獲得条件があるので、利用前に確認して下さいね。

  • インストール後の起動
  • ゲームのクリアレベル
  • 質問への回答完了

1件につき数P(数円)から十数P(十数円)もらえるアプリが多く、初心者でも簡単にポイントが貯まります。

ポイントが付与された後は、アンインストールして構いません。

 

ライフメディアの稼ぎ方(中級編)

ライフメディアの使い方が分かってきたら、次のステージに進みましょう。

ネット銀行の口座開設でポイントを貯める

ライフメディアは、ネット銀行の口座開設でポイントを獲得できるんですよ。

ネットでお小遣い稼ぎをする時に、必需品といえば楽天銀行口座。

ポイント受取口座に楽天銀行を指定すると、手数料が不要だったり他行よりも安くなったりしてお得です。

まだ所持していない人は、入会後に申し込むと今なら600P(600円)もらえます。(※2020年3月20日現在)

ライフメディアの最低ポイント換金額は500P(500円)なので、楽天銀行口座を開設するだけで交換できますよ。

他には、新生銀行やGMOあおぞらネット銀行の口座開設でもポイントが付与されるので、一緒に開設すると手間が省けて便利。

  • 新生銀行 500P(500円)
  • GMOあおぞらネット銀行 300p(300円)

※2020年3月20日現在

 

無料見積もりでポイントを貯める

ライフメディアでは、無料見積もりでポイントを貯めることができます。

引越しや中古車査定、不動産売却など一括査定を申し込むと、ポイントがもらえますよ。

1件で数百ポイント獲得できるので、気になる案件があったら申し込んでみましょう。

  • 引越し達人セレクト 250P
  • 楽天車検 540P
  • 楽天不動産 920P
  • 楽天カーサービス 2000P
  • サカイ引越センター 180P
  • ロイヤルガーデン 350P
  • ムシプロテック 350P
  • トレファク引越し 500P

※2020年3月20日現在

一部の案件をご紹介しましたが、ポイントは時期によって変動します。

 

クレジットカード発行でポイントを貯める

ライフメディアには、クレジットカードの広告が30件以上掲載されています。

クレジットカードは直接公式サイトから申し込むよりも、ライフメディア経由で申し込む方が絶対お得。

例えば楽天カードの新規発行すると、今なら通常の16倍8000P(8000円)がもらえるんですよ。

楽天カードの場合は新規発行がポイント獲得条件で、利用の有無は関係ありません。

クレジットカードは期間限定でポイントUPするので、日頃からサイトチェックを心掛け、「超お得案件」は逃さないようにして下さいね。

ただ、短期間に複数のクレジットカードを申し込むのはやめましょう。

ライフメディア側に、「ポイント欲しさに申し込んでいるのでは?」と疑われやすくなるので、気を付けて下さい。

  • ルミネカード 3000P (3000円)
  • ライフカード  5000P (5000円)
  • 楽天カード   8000P (8000円)
  • セゾンカード  8000P (8000円)
  • 出光クレジットThe Gold  4280P (4280円)
  • ビックカメラSuicaカード 3000P (3000円)
  • ちばぎんスーパーカード 10000P (10000円)

※2019年9月29日現在

一部の案件を紹介しましたが、ポイントは時期によって変動します。

 

FX口座開設で高額ポイントがもらえる

FX口座開設は高額案件で、1件の利用に付き数千P(数千円)がもらえますよ。

でもFXの場合は、口座開設後の入金や取引がポイント獲得条件なので、利用する意思がある人だけ申し込んで下さいね。

  • みんなのFX 2000P (2000円)
  • 岡三オンライン証券 4000P (4000円)
  • みんなのシストレ 8000P (8000円)
  • GMOクリック証券 5000P (5000円)
  • マネーパートナーズ 1660P (1660円)

※2020年3月20日現在

一部の案件を紹介しましたが、ポイントは時期によって変動します。

 

ライフメディアの稼ぎ方(上級編)

初級編・中級編をやりつくした人で、ガッツリ貯めるやり方を紹介してほしい人向けです。

ライフメディアの友達紹介制度でポイントを貯める

月に数万円以上稼ぎたい人は、「友達紹介制度」の利用が欠かせません。

友達といっても、知らない人でも構わないんですよ。

ブログやツイッターなどを利用すれば、知り合い以外も登録してくれます。

ライフメディアの友達紹介制度は、紹介者に100P(100円)と登録者に100P(100円)が付与されます。

ライフメディアの友達紹介制度でポイントを貯める

さらに、友達が登録した翌々月までにポイント交換をすると、紹介者はナント400P(400円)を受けとれるんですよ。

例を挙げると、友達が10月1日に登録した場合は12月7日までにポイント交換すれば、紹介者と友達はそれぞれ400P(400円)ずつ獲得できます。

ライフメディアの友達紹介制度でポイントを貯める2

紹介した時にもらえる100P(100円)と合わせて500P(500円)もらえるので、かなりラッキーですよね。

ライフメディアは、1件の広告利用で数百円以上獲得できる案件が多く、最低換金額の500Pは貯めやすいですよ。

そして、友達紹介制度にはダウン報酬もあって、友達が獲得したポイントの原則10%がもらえます。(一部例外あり)。

毎月40万円をダウン報酬の上位300名で分配する制度もあるため、ライフメディアの友達紹介制度は魅力的ですね。

家族を紹介してポイントを貯める

ポイントサイトの中には、紹介URLを使って家族登録禁止のところが多いんですよ。

でも、ライフメディアは家族登録もOKなので、友達紹介を利用する時は家族からスタートしてみましょう。

家族が利用する時は、個別にメールアドレスとパスワードを用意して下さいね。

パソコンやスマートフォンを共有する場合は、1回の使用ごとに必ずログアウトしてブラウザを終了しておきましょう。

1番安全なのは、別々のパソコンやスマホからアクセスすることです。

不正使用を疑われないよう気を付ければ、友達紹介の家族利用は簡単でおすすめですよ。

 

ブログで友達紹介をする時は工夫してみる

ライフメディアを紹介する時、どんなブログに記事を掲載すると読者の反応がいいと思いますか?

様々なポイントサイトを紹介する「お小遣いブログ」は、ライバルが非常に多いです。

「お小遣いブログ」は独自色を出すのが難しいので、ライフメディアの紹介は「節約系ブログ」の方がおすすめですよ。

「節約系ブログ」だと読者はお得情報に敏感な人が多く、ポイントサイトと相性は抜群。

また、ライフメディアは現金以外にnanacoギフトや楽天Edy,Amazonギフト券などと交換できます。

電子マネーやギフト券の利用頻度が高い人向けに、ポイント獲得方法のまとめブログを作れば、興味深く読んでくれるでしょう。

友達紹介用ブログを作成する時は、読者は「お得情報に敏感な人」を想定して記事を書いて下さいね。

 

ライフ メディアを効率よく稼ぐための1日の流れ

ライトメディアは他のポイントサイトほど、無料ゲームコンテンツで稼げません。

1P交換するのに5回以上ゲームをしなければいけないので、非常に効率が悪いです。

ポイントを貯めたい人は、ゲームで遊ぶのはほどほどにしましょう。

ライフメディアは買い物やサービスの申し込み案件が豊富な上に、「ポイント大放出キャンペーン」で通常の2倍~3倍以上のポイントがもらえます。

クレジットカードの新規発行やインターネット回線の新規開通、または乗り換えを申し込むと高額ポイントが付く大チャンスですよ。

お得なチャンスを見逃さないために、1日最低2回はライフメディアの公式サイトを訪れて広告のチェックをして下さい。

また、1日3回自分が好きな数字を選んで応募できる「NUMBERS DX」は、手続きに1分もかかりません。

できれば1日3回チャレンジしましょう。

07:00起床、NUMBERS DXに応募

08:00朝食

09:00家事

10:00買い物

11:00昼食の準備

12:00昼食

13:00ライフメディアのサイトチェック

14:00NUMBERS DXに応募、アンケートの回答

15:00家事

16:00ライフメディア経由でネットショッピング

17:00(時間がある日)ゲーム

18:00夕食の準備

19:00夕食

20:00後片付け

21:00ライフメディアのサイトチェック

22:00 NUMBERS DXに応募

23:00 就寝

【注意】これだけはやるな!時間の無駄!

ライフメディアを利用する時は、ゲームは効率が悪いので控えた方がいいです。

例えば「クイズ検定Q」は1問しか出題されませんが、回答完了に30秒以上かかってもらえるのは1スタンプ。

15スタンプ貯めてやっと1P(1円)獲得なので、労力が報われなさ過ぎます。

また「ポニーの毎日脳年齢チェック」は、脳トレ5種類に挑戦して3メダル獲得。

20メダル貯まれば1P(1円)と交換できますが、1回に付き所要時間が3分近くかかるので非常に効率が悪い。

ライフメディアのゲームは、全体的にポイントを貯めるのに時間がかかり過ぎるので、暇な時以外は利用を控えた方が無難です。

ただ例外は「NUMBERS DX」で、好きな数字を選んで応募する(1日3回可能)と、最大で5000P(5000円)当たるチャンスがあります。

応募するのに1分もかからないし1日3回挑戦できるので、ぜひ利用しましょう。

効率を考えると、「NUMBERS DX」以外のゲームはスルーして構いません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です