超簡単に『腸活』ビフィズス菌SPで手作りヨーグルトの作り方

今日は飲むヨーグルトのビフィズス菌SPと牛乳を使って、ヨーグルトが作れるのか実験してみました♪

もちろん飲むヨーグルトを使っているからといって、手作りのも同じになるとは言いきれない!どうなるかはお楽しみ…。

通常のヨーグルトよりも、ビフィズス菌SPは量が少ないので、定期的に買うのはちょっと無理ゲー。

だけど、この菌を自宅で上手く培養できれば、安くすむのでは?と思いトライしてみました♪

【この記事も一緒にチェックして欲しい】

>>誰でも簡単に作れちゃう★豆腐チーズ(味噌&塩麴)レシピを公開中~

>>『昆布問屋さん直伝』の昆布水・水出し昆布&きのこのレシピ

ビフィズス菌SPと牛乳で作るヨーグルトの作り方

ビフィズス菌SP4

 

  • ビフィズス菌SP 1本(100g)
  • 牛乳 900ml

※あればヨーグルトメーカーなければ、ビンの容器。

 

作り方はめっちゃ簡単♪

ただ牛乳とビフィズス菌SP1本を混ぜて放置するだけ♪

ポイントとして、なるべく温かい場所に置く事!

理想は37度以上45度未満がベスト。

なので、夏の時期はいいけど、冬はただ放置しているだけだと何日もかかる可能性があるので、タオルでグルグル巻きにしてから湯たんぽや電気毛布と一緒に温めるといいかも。

こたつ布団なんか最高に良いね♪

夏の時期は温かい場所に置いていたら、10時間以上で出来上がり!

▼ヨーグルトメーカーはそんなに高く無いので、一台持ってると便利だよ▼

▼私はヨーグルトメーカーを使ってみたよ▼

ヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカーでは温度を37度にして10時間にセットしたら出来上がり♪

▼出来上がりはこんな感じ▼

飲むヨーグルトビフィズス菌SP2

味も見た目も、触感もまるでブルガリアヨーグルト見たいだったよ♪

旦那にも好評で直ぐに無くなっちゃった(笑)

注意

実はこれを作ったのは今回で2回目、前回は45度で7時間で作ったんだけど、出来上がりが酸味がつよく美味しくなかった。

なので、飲むヨーグルトビフィズス菌SPは低い温度設定で時間をかけた方が失敗しないみたい!

飲むヨーグルトビフィズス菌SP1

とにかくめっちゃ食べやすくて、美味しく出来上がりました!

ビフィズス菌SPって1本100gしか入っていないのに、100円ちょっとするけど、今回は100円で1Lものビフィズス菌SPヨーグルトができたよ♪

しかも、作ったヨーグルトでまた同じ様に増やすことが可能なの。

 

めっちゃお得!ちなみに、作ったヨーグルトを使って増やしたい時は、100gのヨーグルトに1L以下の牛乳を混ぜればOK

めっちゃ簡単でしょ♪ヨーグルトが沢山使えると、料理のバリエーションが増えるし、乳酸菌で腸活にも最高にGood。

酸味★★
固さ★★★
おいしさ★★★★
おすすめ度★★★★★

おすすめのヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカーは平均4.000円で販売されています。

安くて2.000円前後でも売っているけど、あまり安いやつだと温度設定ができないのでおすすめできない!

なので、最低ライン「温度調整・時間指定」が出来るものであればんでもOK。

 

これさえあれば、低温調理も可能だしヨーグルト作り以外でも甘酒や塩麴・フルーツビネガーなんかも簡単に作れるよ♪

フルーツビネガーは「驚きの手作り『フルーツビネガーの効果』と我が家のレシピを大公開♪」でも紹介しているので、気になる人はチェックしてね☆

飲むヨーグルトビフィズス菌SP

雪印メグミルク飲むヨーグルトビフィズス菌SP

http://www.meg-snow.com/products/detail.php?p=megumi_bifidus_d

内容量100g
賞味期限18日間
種類別名称はっ酵乳
成分規格無脂乳固形分:8.0%/乳脂肪分:0.9%
原材料名[ヨーグルト部]:生乳、乳製品、糖類(異性化液糖・砂糖)、ガラクトオリゴ糖シロップ、レモン果汁、増粘多糖類、香料
[カプセル部]植物油脂、ゼラチン、ビフィズス菌末、でん粉、グリセリン、乳化剤(大豆由来)、ゲル化剤(ペクチン)、pH調整剤

「ビフィズス菌SPヨーグルト」は、カプセルに包んだビフィズス菌SP株を生きて腸に届ける「のむヨーグルト」です。

しかし、牛乳を混ぜてかさ増ししたSPヨーグルトには当然ながらこのビフィズス菌カプセルはありません。

 

ただ、ビフィズス菌が入っているは確かなので、ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖などを入れつつ摂取るすると効果的に期待が持てますね。

私はサラダのドレッシングやジュースにして毎日手作りヨーグルトを消化してる♪

まさえの独り言

ヨーグルト

ヨーグルトって朝食べるよりも夜に食べた方が体に良いらしい…。

夜ヨーグルトを食べるメリットは

 

  • 便秘解消効果
  • ダイエット
  • 美肌
  • 虫歯予防
  • 安眠効果

 

があるんだよ!逆に朝ヨーグルトを食べると食欲が増すから太るの…。

以外だよねぇ…。

 

夜ヨーグルトを食べることで、腸が活発になり、腸の運動量が増えて基礎代謝量がアップ。

さらに、夜に摂取することで、ヨーグルトに含まれるカルシウムがリラックス効果を高めてくれて、深い睡眠がとれるの。

 

しっかり寝れることで、美肌効果だけでなく、血流かよくなるので、むくみや冷え性にも効果があるんだよ!

因みに1日のヨーグルトの摂取量は100~200g!就寝3時間前に食べるのが効果的♪

 

【一緒に読みたい関連記事】

>>『きな粉』って手作りの方が安くて市販のより体に良いと言う事実!

>>知らなかった!簡単に豆腐が作れるなんて!しかも豆腐の由来って実は

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です